花はるか › レッスン › 菖蒲のいけ方

2016年05月11日

菖蒲のいけ方

先週の豊中教室は5月にちなんで
菖蒲のお花でした。

今回は、一花五葉の菖蒲のいけ方をご紹介します。

一花五葉とは、
一つのお花に対して葉が5枚。
お花の後に2枚、お花の手前に3枚いけこむ方法。




まず最初に、菖蒲の花をいけます。
花についた葉は取り除き、なるべく1列になるよう、
前後に葉が入る空間をあけ、高さを変えていれます。

その花の前後に葉を入れていきます。


本来は花の手前に3枚(お父さんとお母さんの間に子供)
真ん中の子供がのびのび成長しますように
という意味が込められています。
後ろに2枚の葉を入れます。

そして足元に撫子を入れてバランスをとります。

さらに足元に魚道といって、
魚が通る道を菖蒲の葉を切ってつくります。



同じ菖蒲をいけても、
生徒さんそれぞれのいけ方はさまざま。










一年に一度のことですが、
季節の行事ごとも大切にしたいものです。
そのそばにお花があるのもまた素敵だと思います★



同じカテゴリー(レッスン)の記事画像
すいせんの一種いけ
はらんとガーベラでいける
あじさいで投げ入れ
姫水木で三方正面
第3応用傾真〜うりはもみじ・芍薬・撫子〜
剣山なし〜オクラレルカの葉で面をつくる〜
同じカテゴリー(レッスン)の記事
 すいせんの一種いけ (2017-01-29 09:11)
 はらんとガーベラでいける (2016-11-04 19:07)
 あじさいで投げ入れ (2016-06-17 23:32)
 姫水木で三方正面 (2016-06-04 15:47)
 第3応用傾真〜うりはもみじ・芍薬・撫子〜 (2016-05-11 21:07)
 剣山なし〜オクラレルカの葉で面をつくる〜 (2016-04-24 03:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。