花はるか › レッスン › 神職さん達の研修会 in 平安神宮記念殿

2015年11月15日

神職さん達の研修会 in 平安神宮記念殿

10月29日、平安神宮記念殿にて京都の神職さんに向けた研修会を行いました。
青年部の方たちなので40代以下の若い神職さんが約30名参加してくださいました。
皆さん、いけばなをするのは初めての方ばかりだったので、
この日は基本立真型のレッスンを開催しました。


当日の様子をご紹介します♪




この日のテーマは「伝承と伝統について」

まず、「伝承と伝統について」の講義をさせていただきました。
伝承は、昔から形がかわらないもの
伝統は、時代によって変わっていくもの




同じ日本の文化でも、形・しきたりをそのまま受け継ぐ伝承と変遷する伝統があります。
いけばなは、日本の建築様式の変化と共に、飾る場所も変わり、
昔は床の間にいけていた花も、現代ではサイドボードの上や玄関先など、
あらゆる場所に進出していきました。
また、野外での展覧会なども日常的なこととなりました。


その後「基本立真型」のデモンストレーションを行い、
皆さん各々にいけばなの基本をレクチャーさせていただきました。



この日初めていけばなを体験された神職さんたちでしたが、
皆さんいけばなに興味を持ち、楽しんでいただけたようで、好評裡に終えることができました。



私も、少しでも多くの方々に、いけばな草月流の楽しさや美しさが伝われば幸いです。
どうもありがとうございました。



またこのような形で、研修会を開催できれば楽しいなと思っております。
随時、団体での研修会等も受け付けております。
はじめての方でも気軽に参加していただけますので、いつでもご相談ください。


詳しくは教室案内をご覧ください。




同じカテゴリー(レッスン)の記事画像
すいせんの一種いけ
はらんとガーベラでいける
あじさいで投げ入れ
姫水木で三方正面
菖蒲のいけ方
第3応用傾真〜うりはもみじ・芍薬・撫子〜
同じカテゴリー(レッスン)の記事
 すいせんの一種いけ (2017-01-29 09:11)
 はらんとガーベラでいける (2016-11-04 19:07)
 あじさいで投げ入れ (2016-06-17 23:32)
 姫水木で三方正面 (2016-06-04 15:47)
 菖蒲のいけ方 (2016-05-11 21:37)
 第3応用傾真〜うりはもみじ・芍薬・撫子〜 (2016-05-11 21:07)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。